• ホーム
  • ブログ
  • 【Blog】加藤優也のジブリが見てみたい!「なぜジブリ!」

ブログ

【Blog】加藤優也のジブリが見てみたい!「なぜジブリ!」

 

今週はなぜ加藤優也がこれまでジブリを見てこなかったのかについてお話しようと思います。

 

まず、多くの人がジブリの作品に触れる機会としてあるのが金曜ロードショーだと思います。
幼い頃加藤家では金曜日の夜21時は父親の好きな出没アド街ック天国を強制的に見ていました。CMになる直前の足跡の音やひねり上げたような坊主の毎回いるあの人…。
いろんなところに自分で行動して行けるようになった今になって面白さに気付きました。
でも、当時不思議とジブリが見たいという気分になっていなかったことを思うとそれなりにアド街を楽しんで見ていたんだと思います。

そして、

大きな理由が自分にみんなが好きなものを好きにならないでいたいという逆張り精神があるのです。

 

これがなかなか厄介でして…。
仮に小さい黒い塊を見たとしましょう。

ジブリウォッチャーはまっくろくろすけみたいだと例えます。

 

しかし、ジブリを見ていない自分は別の例えを見つけようとするのです。必然的に多くの人と違う答えを出すことができる。

別解を持つことができます。

これはこれで価値があることだと思います。
これの感覚をうまく言語化しているのがかまいたちの漫才です。

しかし、最近になって多くの人が共感できるツボを抑えていることも必要なことだと思い始めてきました。

モノマネで笑う感覚はなぜなのか考えたことがあります。
それは、きっと『共感』だと思いました。

この『共感』という感覚を作り出していくことが今の自分に必要なことだと思います。

 

 

ならば、

多くの人に影響を与えているジブリを見ることは非常に有意義であると思いました。

だからジブリを見ていきます。

 

S__3244040

  • 一覧へ戻る
  • ギャラリー
  • 対談
  • ブログ
  • Facebookページ

ページの先頭へ